資格があれば簡単に採用される

>

どの仕事でどんな資格が活かされるのか

正しい知識が必要になる仕事

不動産鑑定士が価値を見極めてから、それぞれの不動産の価値が決まります。
間違った価値を付けると、大変なことになるので責任が重大な仕事だと思ってください。
不動産会社で働くと、不動産の価値を聞きにくるお客さんに遭遇することがあります。
そのような依頼も多いので、不動産鑑定士の資格を得ておきましょう。
就職する時に、不動産鑑定士の資格を持っていることを伝えれば、優先的に採用してくれると思います。

間違った価値をお客さんに伝えると、会社の信頼が低下します。
悪い噂はすぐに広まって、お客さんが来なくなる危険性があります。
正しい不動産の価値を見極められるよう、資格を獲得した後も勉強する姿勢が大事です。
知識を増やし続けてください。

どこを見て判断すれば良いのか

価値を見出す際のポイントは、物件が建設されてから何年が経過しているか、またどんな土地に建設されているのかです。
地盤が緩いところは、地震などの災害が来た時に崩壊する可能性が高いです。
ですから、価値が低くなります。
綺麗な住宅でも、何年も前に建設されてリフォームされている住宅かもしれません。
リフォームをした経験がないのかなども、必ず確認してください。

それらの部分を考慮すれば、正しく不動産を鑑定できるはずです。
時間が掛かりすぎないように、気を付けてください。
お客さんの中には、早く価値を見出してほしいと思って相談しに来る人もいます。
すばやく不動産の鑑定ができるよう、重要視するポイントを事前にまとめておきましょう。


この記事をシェアする
B!